神奈川県高等学校教科研究会・情報部会
2004年度第7回研究会
Webページ作成について考えよう
 
  • 【主催】 神奈川県高等学校教科研究会・情報部会
  • 【日時】  2004年10月 13日(水)13:30〜16:30
  • 【会場】  IBM大和事業所
  • 【参加者】  51名
    (当初予定30名のところ、多数の申し込みがありました。締め切りまでに申し込みのあった方に参加していただくために、急遽、広い部屋を確保していただきました。)
  • 【内容】
    講演(1) 「Webページを作成させることの意義を考えよう」
    県立高浜高等学校  間辺広樹先生
     Webページづくりを授業の中心に据えているという間辺先生。
     HTMLは、生徒たちに、「授業を真剣に聞いて、自分で問題解決していく」という態度を身につけさせることができる、優れた教材である。しかし、一方で、W3Cという規格があり、それに正しく従うと使えないタグがあったりする。また、バリアフリーの観点も必要だ。こう考えてくると、Webページづくりの授業をどうしたらいいのか、分からなくなる。
     という問題提起をされました。(プレゼン資料

    講演(2) 「IBMホームページビルダーのコンセプトとその使い方」
    IBMソフトウェア事業B・I事業推進パーペイシブ営業部 主任 加藤泰子さん
     IBMホームページビルダーの最新版であるバージョン8について、教育機関での採用数の伸び、使いやすさについて説明をいただきました。
     それから、実際にThinkPadでホームページビルダーを動作させながら、基本的な操作方法、便利な付属ツールの使い方、また、アンケートやテストのようなページを作成する方法など、すすんだ使い方についてもお話しくださいました。最後の部分では、質問が相次ぎ、出席者の関心の高さがうかがえました。

    実践事例発表
      (1) 「IBMホームページビルダーをつかった授業実践事例」
    県立大和東高等学校  宮下敏行先生
     2年生を対象とした授業で、修学旅行を題材としたホームページ作成指導などについてお話しくださいました。

      (2) 「Netscape Composerをつかった授業実践事例」
    法政大学第二高等学校 北詰昌敬先生
     生徒を引率してのアメリカ旅行中に、フリーのNetscapeでページ作成を指導した経験を、ノートパソコンでの操作をまじえてお話しくださいました。

      (3) 「タグ打ちでのWebページ作成授業実践事例」
    横浜市立鶴見工業高等学校 土屋昌之先生
     工業高校の電子科で、実習の一つとして取り組んでいらっしゃる様子をお話しくださいました。自作テキストも紹介してくださいました。


    司会・進行は、県立荏田高等学校の石丸信男先生と、県立大船高等学校の内藤哲也先生。 日本アイ・ビー・エム株式会社 ibm.comセンター事業部の、波田野統さんから挨拶をいただきました。今回の研究会を設定するにあたり、全面的にお世話になっています。
    会場は、満員の盛況でした。

    16:30〜17:00
     (希望者のみ)IBM大和事業所 施設見学会

  • 参加者からの感想
    1.本日の研究会について
     1)講演について   
    • 間辺先生の話が参考になりました。
    • ホームページビルダーの製品紹介がメインになってしまったようでした。質疑の時間や、小中学校での活用の違いなどもっと詳しく知りたかった。
    • 参考になりました。テスト作成、アンケート作成機能はいいですね。
    • ほとんど基本は知っていることだったが、サムネイル、スライドショーなどは勉強になりました。
    • 間辺先生の話はおもしろかったです。ホームページビルダーの方は、あまり参考になりませんでした。
    • 日頃、いろいろ悩みながら授業を行っています。今日の間辺先生の一言一言がまた私を悩ませそうな気がします。
    • ホームページビルダーの使用法がよくわかった。
    • ホームページビルダーの活用がわかりやすく良かったと思います。
    • ホームページビルダーの操作方法を主の目的としていたためか、実践例の時間が充分とれなかったのが残念。
    • 間辺先生は歯切れもテンポも良かったので、聞きやすく、内容も興味あるものだった。IBMの方の説明は少し単調&形式的(自分自身がこのソフトの仕様を知っているころもあり)退屈してしまった。
    • ビルダーの新機能について知ることができた。
    • 何を目的に教えるのかという点がやはり課題であるといえますね。ホームページビルダーの最新版の使い方がよくわかったので良かったです。
    • 良かった。
    • 間辺さんの講演は、刺激になった。(問題提起が)ホームページビルダーの概要説明はもっと短くて良かった。
    • ホームページビルダーの良いところについて大変よくわかりました。
    • すぐ使えそうな情報ばかりでとても参考になりました。ちょうどホームページビルダーが入ったところなので、活用していきたいです。
    • 作品例などがあればもっと良かった。
    • 役に立ったと思う。使いながらやってみたかったような気も。
    • ホームページビルダーの操作方法については、もう少し簡単でよかったように感じます。又は、基礎よりも応用を教えていただきたかったです。
    • ホームページビルダーの機能がレベルアップしたようで、自分で使ってみたいと感じた。
    • ソフトの説明は我々にコンピュータを使用させてやる方が効果的だと思います。どちらかと言えば、実践事例発表に時間を割いていただきたかったです。
    • 思ったよりもホームページビルダーが使いやすそうなので、興味を持ちました。
    • 勉強になりました。
    • 良かった。
    • ホームページビルダーV8の機能がよくわかりました。
    • ホームページビルダーの様々な特徴について、理解することができた。
    • 具体的な事例や体験例を聞くことで、頭の中で今まで考えていたイメージがはっきりとした形になったことが、今日参加できて良かった点かと思います。ありがとうございました。
    • 「IBMホームページビルダーの・・・」については、説明がわかりにくかった。PCを使いながら実践的に行わないと、ソフトの使用法を理解するのは難しいのではないでしょうか。
    • 基本的な内容の部分が長すぎましたね。前半はいらなかったかもしれません。後半のテストやアンケートなどの部分(応用編)を主にしてほしかったです。
    • IBMの方のお話はあまりおもしろくなかったです。やはり我々もパソコンを使用しながら教えていただきたかったです。
     2)実践事例発表のご感想など   
    • 発表させていただきありがとうございました。
    • 短かった。
    • 時間が少なくなりましたが、参考になりました。
    • いいお話ばかりだったが時間が短かった。
    • 今後の授業の参考にさせていただきます。もう少しゆっくりと話が聞ければ良かったと思います。
    • 興味深い内容だったが、時間がなくて残念だった。
    • もう少し時間に余裕がほしいですね。
    • もう少し時間をかけてほしかった。
    • 前のセッションが長引いて発表時間が非常に短かった。正直言ってこちらにもう少し時間を割いてほしかった。
    • 事例の発表にもう少し時間をかけてじくり話を聞きたかった。
    • Webページ作成(授業としての)の目的の置き方について、考えさせられた。
    • ちょっと盛りだくさんの感あり。講演は1つでよい(ホームページビルダー)施設見学にもう少し時間がほしかった。
    • 各校の様子がわかり、参考になりました。
    • 他校のことがわかり参考になった。
    • もう少し時間が欲しかった。(特にタグ打ちについて討議の時間がほしかった。)
    • フリーソフトで行う大変さがよく伝わってきました。3者の違いが確認できて良かったです。
    • もう少しゆっくり説明を聞きたかった。
    • 使用法なのか教授法なのかテーマがぶれている? 情報提供の場としてはOK
    • それぞれの学校での工夫がよくわかり、また何を目的として教えるのか考えなくてはいけないことを改めて感じさせられました。
    • もう少しゆっくりと話が聞ければ良かった。
    • ちょっとかけ足なのがもったいない。
    • Freeソフトの紹介は、とても良かったです。
    • 仲間の先生方がみないろいろ頑張っているな、と感じた。もう少し情報を収集して頑張りたい。
    • 授業の参考にしたかったため、もっと時間をとって報告していただきたかったと思いました。
    • やはり実機での操作をともなった研修の方が良かった。一歩進んだ応用編を2時間やってほしかった。
    • もう少し時間をとってゆっくり聞きたかった。
    • 「Web作成」の授業にちょうど入るところで、使用アプリに迷っていました。とても参考になりました。
    • 発表時間が短い
    • 大変参考になり、ありがたいです。実践発表に時間が欲しいです。
    • もう少し時間を充分に欲しかった。
    • Webページ作成により、基本的なコンピュータ操作を修得させる考え方は、とても参考になりました。
    • 先生達の話は、やはり役立ちそうで、もう少しゆっくり伺いたかったです。
     3)今回の研究会の日程・時間など   
    • Good
    • よい。(4人)
    • 良いと思います。(3人)
    • 水曜日の午後が個人的にはベストです。
    • Goodです、午後なら。
    • 時間は14:00くらいからにしてくれるとゆったりできる。
    • 中間テスト前で来やすかったです。
    • 2:00〜の方がよい。
    • 事例発表にもう少し時間が欲しいです。
    • 15:00以降が良い。
    • 適切だと思います。
    • 日程・時間、共に良いと思います。
     4)この研究会を知ったのは
     学校宛の通知文書 28人    情報部会のホームページ  2人    情報部会ML 11人   友人・知人  2人    その他 2人(前回の研究会)

    2.今後の研究会について
     5)日程・時間・会場についての要望  
    • 期末テスト中くらいが良いのでは。
    • IBMさんにはお世話になりました。
    • 現状通りでお願いします。
    • 午後の時間であれば
    • 時間は少し早い、14:00くらいがよい
    • このような会社や大学がよい。
    • 今回のようなものは興味がでて良かった。(研究所など)
    • 交通の便の良いところ
    • 最寄り駅が近いとうれしいです。
    • 学校の都合で申し訳ないのですが、水曜日が出やすいです。
     6)内容について
      講演(4人)、実践事例(12人)、授業見学(5人)、施設見学(5人)、校内LAN(9人)、ネットワーク(8人)、サーバー構築(7人)、プログラミング言語(3人)、 応用ソフトウエア(1人/Access、ExcelVBA)、その他(2人/グループウエア、セキュリティ)

    3.情報部会の活動について
     8)情報部会ホームページに掲載してほしい内容  
    • コンピュータ利用規定の事例
    • 全世界or全国の情報に関するnews(例:著作権問題、新製品紹介など)
    • 最近各校の事例がメールで紹介されていてとても役にたっています。今後も情報を交換させていただきたいです。
    • 各会のレジュメや資料等、PDFで配布できないものでしょうか?
    • 各校で作成したテキストなどのファイルを集めませんか?
     10)情報部会へのご意見・ご要望   
    • 助かっています。
    • いつもご苦労さまです。今後ともよろしくお願いいたします。
    • どうもありがとうございました。他校の先生方の実践例大変参考になりました。 
    • ありがとうございました。授業に役立たせていただきたいと思います。
    • ありがとうございます。情報部会の名簿を送ってください。
    • 本日はありがとうございました。
    • とても参考になりました。ありがとうございました。
    • これからも是非参加したいと思います。

index