神奈川県高等学校教科研究会・情報部会
2004年度第3回情報部会研究会
ネットワークの講義と実習ロゴ
2004,8,4更新
 
【主催】 神奈川県高等学校教科研究会・情報部会

【日時】 平成16年8月3日(火) 10:00〜16:30(受付 9:30〜)

【会場】 神奈川工科大学 (http://www.kanagawa-it.ac.jp/)神奈川工科大学

  • 厚木市下荻野1030 046-291-3002(企画広報課)
  • 交通
  • 本厚木駅北口・1番線より「青年の家」行または「神奈川工科大学経由・鳶尾団地」行で「神奈川工科大学前」下車(乗車時間約23分)
  • 本厚木駅北口・1番線より「上荻野車庫」行、「半原」行、「まつかげ台」行、「鳶尾団地」行きで、「荻野新宿」下車(乗車時間約21分)、徒歩8分。


【講師】 神奈川工科大学 情報ネットワーク工学科 井上哲理助教授、他(井上研究室

【対象】 教科「情報」の授業を担当されている方、または学校のネットワークに関心のある方

【参加者への案内】 

【参加】 37名 (実習可能人数が20名のため抽選。はずれた人は午後の実習は見学。)

【内容】 ネットワークの仕組みに関する講義とレイヤー3スイッチの設定実習
午前
■B5号館1階2101教室
司会は矢部先生
(横浜共立学園高校)
研究会開催の経緯と意義を話す情報ネットワーク委員長間辺先生(県立高浜高校)

 講師の井上助教授

 まずはOSIモデルなどネットワークの基本的な話から始まりました。
 講義はネットワーク構成やハブなど機器の説明、L3スイッチ誕生の経緯等を通してL3スイッチの仕組みやVLANについて学ぶという構成で、とてもわかりやすいものでした。
午前の講義は10:00〜12:00
参加者は皆真剣にメモを取りながら井上先生の話しに聞き入っていました。
午後
■E2号館1階101実験室
 午後は実習室に移動、4人一組の班毎で実習を行いました。

 4台中1台がシリアルケーブルでL3スイッチに繋がっています。
 通信ソフトでログイン、コマンドを送ります。
 井上先生の画面やこの日の為に作って頂いたテキストを見ながら実習が進んでいきます。

add ip interface=vlan-teacher ipaddress=192.168.・・

コマンドのスペルミスやアドレスの間違いは許されません。
慎重に・・。
課題も徐々にレベルアップ。

 何で繋がらないの?

表情も変わります。
VLANの作成、通信の可否・・

 理論と実践とが結び付くと、この上ない喜びに。


【参加者の感想等】
  • 独学で混乱していた部分がすっきりとした。講義がとても役立った。普段触れること出来ない機器を操作できたことも良い経験となった。
  • 抽選にはずれたが、実習に参加できて良かった。
  • 講義だけではイメージが湧かないが、実習も経験でき非常に有意義であった。
  • L3スイッチの内容が良く分った。
  • 全くの初心者だが今日の講義でL3スイッチについておぼろげながらその雰囲気が分った気がする。
  • 実用的で良かった。
  • 案内ページが役立った。
  • ネットワークの設定状況などを知ることが出来てよかった。
  • 内容はわかったが難しかった。外の工事がうるさくて聞きにくかった。
  • 講義と実習に分かれていて良かった。実際にL3スイッチに触れて良かった。
  • 楽しかった。勉強になった。
  • 興味を持っていたところなので勉強になった。もう2・3回やって欲しい。
  • 講義は大変参考になった。欲を言えばもう少し踏み込んだ内容でも良かった。
  • 勉強になった。井上先生の説明がとてもわかりやすかった。
  • わからなかった部分が少しすっきりした。
  • 勉強になった。午後は難しかった。
  • L3スイッチの具体的な設定方法を午前中からやって欲しかった。
  • 「今回の講義が、実際の情報の授業ではこのように活用できる」という例があるともっと良かった。
  • 今後の授業や学校での仕事に大変役立った。
  • 触ったことがないL3スイッチの設定ができて楽しかった。
  • 実習は見本となるグループ1つをひととおり試してみてから見せても良かったと思う。
  • 講義は分りやすくて、何か少し見えた気がする。実習はできない(見学)と思っていた実習ができて幸せだった。
  • L3の基本的な考え方がわかったように思う。
  • 本で読んだ内容を話しに聞けて参考になった。後でまたテキストを読み直そうと思う。

index