神奈川県高等学校教科研究会・情報部会
教科「情報」の授業展開を考えよう! 
2001,11,28
 

 情報部会の第1回研修会が、103名もの参加を得て行われました。
 ご多忙のところ参加いただいた先生方、どうもありがとうございました。
 また、この研修会に合わせてご協力いただいたアンケートの集計結果もご覧ください。
 
  • 【主催】 神奈川県高等学校教科研究会・情報部会
  • 【日時】 平成13年11月28日(水) 14:30〜16:30
  • 【会場】 神奈川県立神奈川総合高等学校 8階 講義室
    • 神奈川県横浜市神奈川区平川町19-2 TEL:045-491-2000 FAX:045-491-3190
  • 【内容】
    (1)研究・発表
    『情報A』の【問題解決の工夫】の内容を教科書会社の取り組みから分析・発表

    情報Aの教科書の概要について、また特に扱いがむずかしいと思われる【問題解決の工夫】に焦点を絞って、 各教科書会社の取り組みをレポートしていただきました。



    (2)講演
    「新教科情報について」
    〜情報授業の展開と方法、アドバイス等〜
    講師 電気通信大学教授 岡本敏雄先生

    「問題解決」は、「最適化問題」ととらえることができる。それは、アルゴリズムをあてはめることではなく、 アルゴリズムをみつけることであるべき。手続きをブラックボックスにしない。 情報処理とは、エントロピーを下げて本質的なことに気づくことである。
    また、教科「情報」が誕生した経緯などのお話も伺うことができました。

    (3)質疑応答
    評価について(独立した教科であるから概念や用語の理解を問うことはあるだろう、作品の工夫をみる、プロセスをみる、グループでのリーダーシップやサポートの様子をみるなどが考えられる)、大学入試での扱いについて(検討中、すぐにではないにしろいずれ取り入れられるだろう、問題のあり方等研究する時間も必要と思う)、専門教科情報について(多様化に対応した職業系の学校を意識した)など、 活発な質疑応答がなされました。



index